オンラインポーカーをプレイすると視力の低下を引き起こす可能性について興味があったとしても、わざわざ眼科医に電話をかけるのは気が引けますね。私たちは医者ではありませんが、そんな皆さんのために関連情報を徹底的にリサーチしました。

待ちに待った週末です。朝起きてパソコンの前に座り、お気に入りのオンラインカジノにアクセスして、ポーカーテーブルに着席する準備を整えます。これからしばらくの間、ポーカーをプレイするつもりです。さすがに1日中は無理でも、一度始めれば数時間はプレイし続けることになるでしょう。では、このような行動は、一体どのくらい視力に影響を与えるのでしょうか。

その答えは、そう単純ではありません。まず良いニュースからお伝えすると、モニターを長時間見ることが、視力に断続的なダメージを与えているのではないということです。しかし、オンラインカジノでギャンブルをしようが、YouTubeで動画を見ようが、リーグオブレジェンドをプレイしようが見ている内容に関係なく、スクリーンを長時間見続けることによって起こる健康への悪影響は、「コンピュータービジョン症候群」と呼ばれ、様々な障害となって現れます。毎日2時間以上デジタル機器を使用している人の多くが、高い確率で以下のような症状を経験したことがあるのではないでしょうか。

-頭痛

-視界のぼやけ

-首や肩の痛み

-眼精疲労

-ドライアイ

幸い、この問題には対処法があります。目を酷使せずにギャンブルを長く楽しみたい方は、ぜひこれからお話しする方法をお試しください。画面の上部が目線の高さに合うようにし、目と画面の距離が60cm強になるように設置します。画面を約10度傾け、明るさは部屋の明るさとバランスを取るように調節します。ドライアイを防ぐため、電子機器を使っている時はまばたきを意識的にしましょう。20分間スクリーンを見たら、20秒間20フィート(約7m)離れた物や景色を見て目を休めるという20−20−20の法則も有効です。

長時間モニターを見ていると失明するというのは、単なる言い伝えに過ぎません。1日8時間以上画面を見ていなければならないような仕事をしている人は何百万人といますが、そのせいで失明したという人の話は聞いたことがありません。しかし、目の酷使による障害を予防するために、定期的に目を休ませることが大切なのです。